セブンスデー・アドベンチスト教会

第74日—祈りの課題—2020年6月16日 火曜日

第74日—祈りの課題—2020年6月16日 火曜日

救いを確信する

「その方が来れば、罪について、義について、また、裁きについて、世の誤りを明らかにする。罪についてとは、彼らがわたしを信じないこと、義についてとは、わたしが父のもとに行き、あなたがたがもはやわたしを見なくなること、また、裁きについてとは、この世の支配者が断罪されることである。」 (©日本聖書協会)ヨハネ16:8~11

「聖霊の約束は、一時代や一民族に限られたものではない。キリストは、み霊の聖なる感化は、世の終わりにいたるまで、キリストに従う者の上にあると宣言なさった。ペンテコステの日から現代にいたるまで、主とそのみわざに自分のすべてをささげてきた人々に、助け主が送られてきた。キリストを個人的な救い主として受け入れたすべての者に、聖霊は助言者、聖別する者、導き手、証人としてのぞんだ。」 『患難から栄光へ』 45ページ

瞑想しましょう:
聖霊の働きの一部は、「罪」と「義」と「裁き」とをあなたに悟らせることです。聖霊が宣告する三つの要素は聖所の奉仕の中に見ることができます。中庭では罪のための犠牲がささげられました。(十字架上で死なれたキリストを象徴する)また聖所には、キリストがお与えになる義を象徴する要素が三つあります。備えのパン机(み言葉の学び)、香壇(祈り)、燭台(霊に満たされた証し)です。これらすべては、現代の私たちへの模範としてキリストの生涯の内に示されました。そして大祭司は、贖罪の日にしか至聖所に入れないことから、私たちは裁きの重要性と現実とを深く瞑想するのです。(キリストは、あなたのために再臨前審判の働きをなさっておられる)言い換えるなら、聖霊の働きとは、キリストがあなたのために成し遂げてくださったことを信じる信仰を通して、あなたを救いの体験に導き入れることです。聖霊の麗しい働きが理解できたでしょうか? これらのことをあなたに示してくださる聖霊の働きを喜んで受け入れ、キリストに導いていただくだけでなく、裁きに備えるために、あなた自身の品性をキリストに似たものに造り変えていただきたいと思いませんか?

賛美の報告:
1、多くの教会が、地域とオンラインで繋がるために、デジタル環境を整備しようとしています。
2、危機の中で驚くべき結果を得ました。私たちの教会員は、さらに什一や献金をお捧げすることに忠実になりました。5月の什一は目標額を達成しました。私たちは「100日間の祈り」の期間、朝と晩に祈っています。強制ではなかったにも関わらず、各家庭に祈りの習慣を根付かせました。昨晩、2歳の娘がわたしを呼んで言いました。「パパ、お祈りの時間よ」と。神様を賛美します! 神様はわたしの家庭に足りなかった祈りの習慣を植え付けてくださいました。(ジョンより)

祈りの課題

  1. テレビ、ネット依存と闘っている10代、20代の若者や壮年世代のためにお祈りしましょう。
  2. パース(オーストラリア)の教会員は、地域でユニークなレターボクシング(宝探しとスタンプ交換の混ざったゲーム)を通じて伝道しています。彼らのためにお祈りしましょう。
  3. ナザレの下町にある、アドベンチストライフホープセンターのためにお祈りしましょう。この施設では、英会話、コンピューター教室、定期的な健康セミナーを提供しています。彼らの働きが祝福され、さらに多くの人々に福音が届くように、また働き人が守られるようにお祈りしましょう。