女性・家庭部

背教時代の預言の声

【前半】

家族や子供のために 諦めずに祈り続ける事の大切さを学び、私も諦めずに祈り続けようと思いました。また、くびきを共に相応しくない相手との結婚の結末について、はっきりと話しています。

エレミヤ書29:11主は言われる、わたしがあなたがたに対していだいている計画はわたしが知っている。それは災を与えようというのではなく、平安を与えようとするものであり、あなたがたに将来を与え、希望を与えようとするものである。

イザヤ書 54:10山は移り、丘は動いても、

わがいつくしみはあなたから移ることなく、
平安を与えるわが契約は動くことがない」と
あなたをあわれまれる主は言われる。

この2つの聖書の言葉を思い出し、イエスに着いて行く決心を新たにする事ができました。

 

背教時代の預言の声 前半

【後半】

お説教の寿命について話されている場面があり、興味深かったです。どんなにいいお話を聞いても、時間が経つと あまり記憶に残っておらず、聞いた時は 誰かに伝えたい気持ちになりますが、いざと言う時に うまく言い表せない事がよくあります。サタンが必至に 忘れさせようとしていると言うのも、納得がいきます。開いた聖書の言葉を一つでも、心に留めておいたら お説教の寿命を長持ちさせる足がかりになりそうですね。今回は、旧約聖書の最後の2つの聖句が印象に残りました。

背教時代の預言の声 後半