女性・家庭部

キリスト教史における預言の声

【前半】

イエス様を正しく証しする事で、イエス様を高く掲げ、イエス様に栄光を帰す事ができる。そうする事で、私達も預言の一部となる事ができる。言葉と行いと品性によって、イエス様を証しする事ができる。とのメッセージに、感銘を受けました。イエス様の品性を反映する者は、迫害を受けるとの言葉に励まされました。

キリスト教史における預言の声 前半

【後半】

殉教者の声は生きているとの言葉が印象的でした。次に起こる預言は主の再臨との言葉に励まされました。最後のお祈りの中で、”今日を忠実に生きる事ができますように、なぜなら 明日の忠実につながるからです”との言葉にも励まされました。

キリスト教史における預言の声 後半