安息日学校部

第5課 青年用:東 清志

2021年第2期「約束―神の永遠の契約」

PDFダウンロード

第5課  約束の子どもたち  東 清志

  • 今週のポイント
    1. 日曜日:創世記15:1では、神がご自身を「私はあなた(アブラム)の盾である」と宣言しています。恐れを抱いていたアブラムに対し、神は絶対的な守りを約束しました。
    2. 月曜日:神はアブラハムに対して繰り返し、彼の子孫によって地上の全ての国民が祝福されることを約束しました。ユダヤ人だけでなく、キリストを信じる者は全て、アブラハムの氏族としての使命を持っています。
    3. 火曜日:私たちの身の回りには、様々な悲しいニュースや出来事があります。しかしキリストに結ばれている者には、再臨の時に復活と昇天という輝かしい未来が約束されています。
    4. 水曜日:イスラエルの民が他の民族と異なる光を放つことにより、全人類が神に関心を持つことが神の計画でした。神様のこのビジョンは、現代の教会にも同じように受け継がれています。
    5. 木曜日:神はアブラハムに「あなたの名を高める」と約束しました。この約束の目的は、単にアブラハムを有名にすることではなく、彼の生き方を通して神に栄光を帰すためのものでした。
  • 用語解説
    1. アウグスティヌス(火曜日):4世紀から5世紀にかけて活躍したキリスト教会の指導者。
    2. アブラハムの霊的子孫(金曜日):アブラハムの子孫とはイスラエル人(ユダヤ人)のことであり、神はアブラハムに彼の子孫が祝福を受けることを約束しました。しかしガラテヤ3:29に記されている通り、キリストを信じる全ての人は、血筋的にはアブラハムの子孫で無いにも関わらず、神様の恵みによってアブラハムの子孫と見なされ、その祝福にあずかることができるのです。その祝福の最たるものは、永遠の命と天国の国籍です。
  • ディスカッションのためのテーマ
    1. 神はアブラハムにご自身を「盾である」と語りました。アブラハムの人生を通して、神はどのようにアブラハムの盾となって守ったでしょうか。また、あなたの人生においては、どのようにあなたの盾になってくださっていますか。神様の約束の確かさを振り返りましょう。
    2. 私たちの家族や学校・職場の仲間たちは、私たちを通して神に関心を持っているかを振り返りましょう。これは大きな挑戦ですが、私たちはまず、どのようなことを取り組むことができるでしょうか。お互いの考えを分かち合いましょう。