セブンスデー・アドベンチスト教会

Xmasハンドベルコンサート

Xmasハンドベルコンサート
いつ:
2019年12月13日 @ 18:00
2019-12-13T18:00:00+09:00
2019-12-13T18:15:00+09:00
どこで:
名古屋教会
日本、〒464-0851 愛知県名古屋市千種区今池南24−15

Xmasハンドベルコンサート

天使のハーモニーをお楽しみ下さい!

主な演奏曲: コベントリーキャロル,聖夜,

もろびとこぞりて など全10 数曲

【出演】
広島三育学院高校ハンドベル

【会場】
名古屋キリスト教会 名古屋市千種区今池南24-15

1213日(金)17:30開場、18:00開演

 

広島三育学院高等学校ハンドベルクワイア
高校ハンドベルクワイアは1996年から活動を始めました。約6オクターブのハンドベルやチャイムを使い、演奏をいたします。
教会の礼拝での奉仕や学校行事、地域の施設への慰問などの演奏活動をしています。
今年も、目標に掲げている言葉は奏(かなで)です。
演奏を通して聴いて下さる方々に、神様から与えて頂く天の調べと、心へ響く賛美をお届けできるようにと練習を重ねてきました。
ベルの素敵な響きを奏でてお伝えできるようにメンバー一同、協力して演奏してきました。
天使のハーモニーと呼ばれる響きをどうぞ、お楽しみください。

ハンドベルについて

教会の高い鐘楼につけられたベルは、神様へ捧げる礼拝の始まりを伝える“教会の声”であります。そのチャーチベルから発展していったものがハンドベルです。ハンドベルの正式名称は、イングリッシュハンドベル(EnglishHandbell.)といいます。ハンドベルは、16世紀にイギリスの教会で生まれ約450年の歴史があります。教会には、鐘楼(ベルタワー)と呼ばれる鐘を吊るす塔があります。塔の上の鐘には時を知らせるためや(時鐘)、礼拝が始まることを知らせるなどの役割がありました。その役割のために一定の順序に従った鳴らし方(※チェンジリンギング)が生み出されました。ハンドベルはこの塔の鐘を鳴らす際の練習用として用いられました。その後、独立した楽器として発展していきました。

 

名古屋キリスト教会 広島三育学院 クリスマスイベント情報