セブンスデー・アドベンチスト教会

777の断食祈祷

777の断食祈祷
いつ:
2018年7月7日 全日 Asia/Tokyo タイムゾーン
2018-07-07T00:00:00+09:00
2018-07-08T00:00:00+09:00

「また、はっきり言っておくが、どんな願い事であれ、あなたがたのうち二人が地上で心を一つにして求めるなら、わたしの天の父はそれをかなえてくださる」(マタイ18:19)

今年も、7月7日(土)の午前7時から午後7時までの12時間、日本全国のセブンスデー・アドベンチスト教会をあげての断食祈祷を呼びかけることになりました。各教会のリバイバルと改革のため、また救霊のためにお祈り下さい。

2018年は、7月7日が安息日と重なりました。各教会では安息日学校や礼拝が行われますので、通常は昼食を準備される教会も多いと思いますが、それぞれに工夫をしてご参加いただけると幸いです。例えば、調理を控えるという断食、つまり生の果物だけの食事や、生野菜のサラダだけの食事にするなどです。また、水分は取ってもかまいませんので、100%の果物や野菜のジュースなどで水分をしっかり摂ってください。断食をすることが目的ではなく、祈りに集中することが目的です。心臓に問題のある方、体調に不安のある方は断食はしないで、お祈りだけご参加ください。

どこかで時間を取って次のようなプログラムを計画するとよいかもしれません。

・祈りがきかれた証と賛美の集会

・バプテスマの証と賛美の集会

・執り成しの祈りと賛美の集会

今年は、全日本18マラナ・タの年で、日本全国161ヵ所で魂の収穫のための連続講演会として「キボウのトビラ」講演会が行われました。講演会に先立って、3月25日から5月3日まで行われた40日の祈りに参加された大勢の教会員の方々は、祈りによって大きな違いがもたらされたことを体験されたことと思います。確かに神様は生きておられます。そして私たちの祈りを聞き、その祈りに応えようとしておられます。それゆえに、私たちは希望を持つことができます。777の断食祈祷を通して、皆さまの教会が希望で満たされることを願っております。

 

2018年6月26日
教団伝道局長
山地 宏