セブンスデー・アドベンチスト教会

このスケジュールは、教団・教区の主催または後援イベント情報です。
教会、各事業のイベント情報はそれぞれの主催者ホームページなどをご確認ください。

9月 6 @ 16:00 – 9月 9 @ 12:30 国立オリンピック記念青少年総合センター
「礼拝って、教会に行くことじゃないんだってさ」 日程:9月6日(金)〜9月9日(月) 場所:国立オリンピック記念青少年総合センター(東京都渋谷区代々木) 《講師》 小原望先生 青木泰樹先生 マークデュアート先生 *****注意***** 申し込み期限:早割5/26、通常6/9
10月 6 @ 15:00 立川キリスト教会
立川キリスト教会オルガンコンサートシリーズ 第20回 立川キリスト教会がお送りする オルガンコンサート 古楽アンサンブルとオルガンの調べ Ensemble and Organ Joint Concert [アンサンブル] *ヴァイオリンと通奏低音のためのシャコンヌ ト短調/T.ヴィターリ Chaconne for Violin and Basso continuo in G Minor *トリオソナタ 変ロ長調 作品3-3/A.コレッリ Trio sonata in B flat major op. 3-3 *トリオソナタ ニ短調「フォリア」/A.ヴィヴァルディ  ほか Trio sonata in D Minor “La Folia” [オルガン] *プレリュードとフーガ ホ短調/N.ブルーンス Praeludium und Fuge e-moll *天にましますわれらの父よ BWV682/J.S.バッハ ほか Vater unser im Himmelreich 日時:2019年10月6日 OPEN 14:30 START 15:00 古楽アンサンブル 高橋奈緒(Nao Takahashi/ヴァイオリン) 東京藝術大学、同大学院修了。学内にて同声会賞を受賞。全日本学生音楽コンクール、大阪国際音楽コンクール等に上位入賞。名フィル、藝大フィル他と共演。2018年度 紀尾井ホール室内管弦楽団シーズン・メンバー。国内オーケストラの客演首席奏者を務める。オリジナル楽器奏者としても活動、バッハ・コレギウム・ジャパン、オーケストラ・リベラ・クラシカのメンバー、CD録音多数。これまでに森下陽子、清水髙師、E. ペレーニ、若松夏美の各氏に師事。 譜久島彰(Akira Fukushima/リコーダー) これまでにリコーダーを山岡重治、向江昭雅、室内楽を大塚直哉、野々下由香里、福沢宏の各氏に師事。またヴァルター・ファン・ハウヴェ、B.クイケンのマスタークラスを受講する。国内の古楽オーケストラや室内楽を中心に演奏活動を行う他、新曲作品の初演や合唱指揮、小中学校での演奏、指導など幅広い活動をし研鑽を積んでいる。中高6年間の三育教育を経て、現在、東京藝術大学音楽学部古楽科3年次在学。東京藝術大学バッハカンタータクラブ所属。「バロックの趣」主宰。セブンスデー・アドベンチスト東京中央教会聖歌隊指揮者。 辛川太一(Taichi Karakawa/チェンバロ) 東京藝術大学音楽学部器楽科チェンバロ専攻を卒業。アカンサス音楽賞、安宅賞および三菱地所賞を受賞。現在、同大学大学院修士課程に在籍。ピアノを島敏子氏に、チェンバロ、通奏低音を大塚直哉氏に、オルガンを廣江理枝氏に師事。アリーン・ジルベライシュ氏、クリス・フェルヘルスト氏、ジョス・ファン・インマゼール氏、フランチェスコ・コルティ氏、ロバート・ヒル氏等のマスタークラスを受講。第2回ミラノ国際チェンバロコンクール第2位、2018年第31回国際古楽コンクール<山梨>鍵盤部門最高位。2018年ブルージュ国際古楽コンクールセミファイナリスト。藝大レーベル Vol.2~ 未来の名手たち~-Next GenerationにてCDデビュー。国内外のソロおよび通奏低音奏者として幅広く活動している。古楽演奏会シリーズ バロックの趣 主宰。スタジオピオティータ・レジデントアーティスト。古楽オーケストラ La Musica Collanaメンバー。東京藝術大学バッハカンタータクラブ副演奏委員長。日本チェンバロ協会会員。 パイプオルガン 森武靖子(Yasuko Moritake) 国立音楽大学大学院オルガン科修士課程にて吉田實氏に師事。ドイツ国立トロッシンゲン音楽大学大学院古楽科修士課程にてL.ギエルミ氏に、チェンバロをH.キルバルト女史に、通奏低音をA.リナルディ氏に師事。2000年「第12回J.S.バッハ国際コンクール」(ライプツィヒ)セミ・ファイナリスト。その後、ウィーン国立音楽大学大学院修了後の課程にてM.ラドゥレスク氏に師事。日本ならびにスイス、ドイツ、中国でのソロ・リサイタル、また、合唱・アンサンブル等におけるオルガニストを務める他、CDリリース等の活動を行う。2014年、J.S.バッハのオルガン作品全曲演奏会を完結し、現在、二巡目の全曲演奏シリーズに取組中。セブンスデー・アドベンチスト東京中央教会、セブンスデー・アドベンチスト教団草苅オルガン・オルガニスト。日本オルガニスト協会会員。 セブンスデー・アドベンチスト立川キリスト教会 立川市高松町3-21-8 042-526-6826   [主催]セブンスデー・アドベンチスト教団オルガン委員会 [共催]セブンスデー・アドベンチスト立川キリスト教会、セブンスデー・アドベンチスト東日本教区 (立川市健康会館の並び・立川市健康会館西の信号を右折後すぐ) @import url(http://adventist.jp/2016/wp-content/plugins/siteorigin-panels/css/front-flex.min.css); #pgc-12554-0-0 , #pgc-12554-1-0 , #pgc-12554-2-0 , #pgc-12554-3-0 { width:100%;width:calc(100% - ( 0 * 30px ) ) }…
10月 26 全日
クリエーション・サバス CREATION SABBATH 世界総会は、今年10月26日をクリエーション・サバスCREATION SABBATHとして定めました。 全世界で同じ日に私達の創造主を思い、神様がこの世界を創造してくださったことをお祝いする日とすることを目指した取り組みです。 取り組みの提案 このことを意識した安息日を教会と学校で計画されることをお勧めします。ぜひ、この安息日に特別に子どもたちとそのご家族を教会にお誘いください。 この日の安息日学校プログラムに創造に関するプログラムを取り入れていただくことをお勧めいたします。 英語ではありますが、プログラムを作る上で参考になるお話し、ビデオ、などのリンクがありますので参考になさってください。 https://creationsabbath.net 日本語字幕 地球はその証人である この世界は、人間はどの様に誕生したのか。壮大な映像と音楽で綴ります。 (日本語ナレーション・字幕) 世界で活躍する地質学・古生物学研究家がひも解く、知られざる恐竜やノアの方舟の真実。 講師:山本哲也(古生物研究者/セブンスデー・アドベンチスト教会牧師) ホープチャンネルビデオプログラム おすすめ書籍 「三つ子の魂百まで」、心が柔軟な幼い日に、私たちを創造してくださった全知全能の主を知ることは、非常に重要なことです。 この小さな絵本が創造主のすばらしさ、この世界を造り、自分たちを造ってくださった全知全能の唯一の方、愛そのものである御方を知る一助になり、一人でも多くの子どもたちの心に刻み込まれることを願っています。 文字はすべてひらがなです。 表現もやさしくしていますので、学齢前の子どもへの読み聞かせにも良いかと思います。 安藤和子 文 / 神谷直子 絵 日本の学校で当たり前のように教えられている「進化論」。 その真実に科学の力で迫ります。 この本には、私たちが決して進化の過程で生まれたのではない証拠が満ちあふれています。 神様の創造のわざの真実性を伝えるために、ベストチョイスと言える1冊です。 安藤和子、山本哲也 共著 皆様のご協力をよろしくお願いいたします。 教育局 尾上 史郎 @import url(http://adventist.jp/2016/wp-content/plugins/siteorigin-panels/css/front-flex.min.css); #pgc-13623-0-0 , #pgc-13623-1-0 , #pgc-13623-2-0 , #pgc-13623-3-0 , #pgc-13623-4-0 { width:100%;width:calc(100% - ( 0 * 30px ) ) } #pl-13623 #panel-13623-0-0-0 , #pl-13623 #panel-13623-4-0-0 { } #pg-13623-0 , #pg-13623-1 , #pg-13623-2 , #pg-13623-3 , #pg-13623-4 , #pl-13623 .so-panel { margin-bottom:30px } #pl-13623 #panel-13623-1-0-0 , #pl-13623 #panel-13623-2-0-0 { margin:20px 20px 20px 20px } #pl-13623 #panel-13623-3-0-0 , #pl-13623 #panel-13623-3-0-1 { margin:20px 20px 0px 20px } #pl-13623 .so-panel:last-child { margin-bottom:0px } #pg-13623-1> .panel-row-style { background-color:#fffde8…