このスケジュールは、教団・教区の主催または後援イベント情報です。教会、各事業のイベント情報はそれぞれの主催者ホームページなどをご確認ください。
東日本教区 西日本教区 沖縄教区

12月 24 @ 18:00 北中三育教会
 
12月 24 @ 18:00 – 20:00 東京中央教会
聖歌隊によるクリスマスキャロルとキャンドルサービス http://www.sda.gr.jp/
12月 24 @ 18:00 立川教会
クリスマスメッセージと讃美歌のひと時
12月 24 @ 19:00 名護教会
楽しいクリスマスソングと クリスマスメッセージ
12月 24 @ 19:00 天沼教会
(開場6:40) どなたでもご参加できます。 ライブ予定 詳しくは天沼教会ホームページから http://sda-amanuma.jimdo.com/
12月 24 @ 19:00 – 20:30 鹿児島教会
内容:コワイヤーによるクリスマス讃美、キャンドルサービス
12月 25 @ 10:00 – 12:00 沖縄教区
主催:沖縄教区 日程:12月25日(日)10:00~12:00 会場:沖縄教区事務所 講師:ジョエル・ミラー 問い合わせ先:沖縄教区事務所
12月 25 @ 10:00 – 13:00 東京中央教会
主催:東日本教区 日程:12月25日(日)10:00~13:00 会場:東京中央教会会議室 講師:朴昌 問い合わせ先:東日本教区事務所
12月 25 @ 14:00 – 16:00 AMC時の森教会
 
12月 25 @ 14:00 – 15:30 千葉教会
ヘブンズコワイヤー 岡田陽子、設楽ちひろ(ソプラノ) 加藤潤一デュオ(ホルン、フルート) 森大地と仲間たち(オーボエ、ヴィオラ、チェロ) コンサート後、茶話会
12月 25 @ 15:00 – 17:30 東京中央教会
合唱グループによるクリスマスソング、クリスマスメッセージ、特別演奏(フルート・ピアノ) http://www.sda.gr.jp/
12月 25 @ 15:00 豊橋教会
三育学院大学聖歌隊は、「キリスト教音楽」という教養課程の授業として開講されていますが、受講者以外にも讃美歌を歌うことが大好きな学生が加わって活動しています。毎週木曜日の授業時間と、金曜日の夜に練習をしています。また9月末には、クリスマスコンサートに向けての合宿を行っています。 定期的に三育学院教会の安息日礼拝で賛美していますが、毎年12月には大多喜町でのクリスマスコンサートに加えて、近隣の施設や教会への訪問などを行っています。今年の演奏旅行でも、皆さんよくご存知のクリスマスの歌や讃美歌を演奏する予定です。お近くの方は、ぜひ足をお運びください。
1月 11 全日
2017年「10日間の祈り」へようこそ! 年のはじめに教会が10日間祈ることを始めてから、主は多くの奇跡を行なってこられました。聖霊は、リバイバル、回心、伝道への熱意の回復と、関係における癒しを与えてくださいました。まさしく、祈りはリバイバルが生まれる場なのです! イエスの弟子たちがキリストの昇天後10日間約束の聖霊を求めて聖霊を受けたように各教会の祈祷会で、2.3.4の祈りのペアで、全日本18マラナ・タ、ビジョン2020伝道のため、わたしたちも聖霊を求めて祈りましょう 1日目―感謝しつつ主の門に入る 「感謝の歌をうたって主の門に進み/賛美の歌をうたって主の庭に入れ。感謝をささげ、御名をたたえよ。」  (詩編100:4)   祈りの時間の進め方の提案 讃美の祈り(約10分) ・祈りの時を、神の愛、知恵、神聖さなど、神ご自身を讃えることから始めましょう。 ・「御顔を仰いで満ち足り、喜び祝」える神を讃美しましょう(詩編16:11) ・聖所と聖所を通して与えられる教えの故に神を讃美しましょう。   罪の告白と罪への勝利を求める祈り(約5分) ・心の中に告白すべき罪があればそれを示してくださるように、そしてそれらの罪に勝利する ことができるように、神に求めましょう。 ・感謝の気持ちを忘れてしまう心について、神の赦しを願い求めましょう。 ・私たちを赦してくださる神に感謝しましょう。Ⅰヨハネ1:9   神への嘆願と執り成しの祈り(約35分) ・神より感謝の気持ちが与えられるように祈りましょう。 ・日々心の中で起こる試練を聖霊によって喜びとして受け入れられるように祈りましょう。 ・あなたが語る言葉が神への栄光と感謝であふれ、人々をキリストへ導けるよう祈りましょう。 ・あなたの言葉を通してキリストを反映できるよう祈り求めましょう。 ・聖所が与える真理を理解し、あなたにとっていかに重要な真理であるかを悟らせてくださるよう 祈りましょう。 ・キリストの十字架と再臨を掲げられるよう祈りましょう– キリストが私たちの救い主であり、 私たちに全世界へ宣べ伝えるべき最後のメッセージを与えておられることを覚えましょう。 ・教会員が、キリストと個人的つながりを必要としている多くの魂をキリストへと導けるよう 祈りましょう。 ・一般の大学に通っているセブンスデー・アドベンチストの若者にリバイバルが起こるよう 祈りましょう。若者が生き生きとしたキリストの証人となるよう祈りましょう。 ・未だアドベンチストのメッセージが届けられていない場所への宣教のため、そして必要な資金が 与えられるよう祈りましょう。 ・キリストから遠ざける多くの誘惑が存在する大都市に生きている人のために祈りましょう。彼らの 周りでささやいている聖霊の声を聞くことができるように祈りましょう。 ・東中央アフリカ支部の医事伝道者によって新しい教会を立ち上げることができるように祈りましょう。 ・ユーロ・アジア支部において若者によって教会が立ち上がるように祈りましょう。 ・刑務所で勤務しているアドベンチストのチャプレンのために祈りましょう。 ・あなたの祈りのリストに記載されている7名(もしくはそれ以上)の人々が、自身の必要に 気づき、聖霊に対して心を開くことができるように祈りましょう。 ・祈りの対象である7名の人々にキリストを証する機会が与えられるよう祈りましょう。そのために 何ができるかを祈り求めましょう。 ・あなたの個人的な必要のために祈りましょう。   感謝の祈り(約10分) ・神と共に生きる喜びに感謝しましょう。 ・あなたの言葉や讃美を通して神の証人として生きている特権を感謝しましょう。 ・神の大きな御業を体験できる10日間を感謝しましょう。   讃美歌 「主を拝め」      ( 希望の讃美歌 124番) 「喜びたたえよ」    (希望の讃美歌 114番) 「つくりぬしなる」   (希望の讃美歌 11番) 「来たれこころ」    (希望の讃美歌 131番) 伝道局のホームページから印刷用原稿がダウンロードできます
1月 12 全日
2017年「10日間の祈り」へようこそ! 年のはじめに教会が10日間祈ることを始めてから、主は多くの奇跡を行なってこられました。聖霊は、リバイバル、回心、伝道への熱意の回復と、関係における癒しを与えてくださいました。まさしく、祈りはリバイバルが生まれる場なのです! イエスの弟子たちがキリストの昇天後10日間約束の聖霊を求めて聖霊を受けたように各教会の祈祷会で、2.3.4の祈りのペアで、全日本18マラナ・タ、ビジョン2020伝道のため、わたしたちも聖霊を求めて祈りましょう 2日目-燔祭の祭壇 「こういうわけで、兄弟たち、神の憐れみによってあなたがたに勧めます。自分の体を神に喜ばれる聖なる生けるいけにえとして献げなさい。これこそ、あなたがたのなすべき礼拝です。」ローマ12:1   祈りの時間の進め方の提案   讃美の祈り(約10分) ・神の素晴らしさをほめたたえ、祈りを始めましょう。 ・救いの恵みをくださった神に感謝しましょう。 ・キリストの犠牲を神に感謝しましょう。 ・自己に死に、自らを明け渡す人生をキリストが示してくださったことを神に感謝しましょう。   罪の告白と罪への勝利を求める祈り(約5分) ・心の中に告白すべき罪があればそれを示してくださるように、そしてそれらの罪に勝利する ことができるように、神に求めましょう。 ・つまずきとなるものを神に捧げることを躊躇し、恐れてしまったことを許していただけるよう お祈りしましょう。 ・私たちを赦してくださる神に感謝しましょう。Ⅰヨハネ1:9   神への嘆願と執り成しの祈り(約35分) ・油を注ぐことによって燔祭の祭壇が聖別されたように、あなたが聖霊の注ぎを受け、すべて神に捧げる物が受け入れられるよう祈りましょう。出エジプト記40:10 ・あなたの時間、お金、力、能力、恐れ、望み、意志を神に明け渡すことを阻んでいるものを取り去っていただけるように神に祈りましょう。完全にキリストものとなることを表明しましょう。 ・あなたの心の中に、神にすべてをゆだねることを阻んでいるものはありますか? 祈りましょう。 あなたがどんなものでも明け渡すことができるように祈り求めましょう。 ・あなたの家族や友人で人生のすべてを祭壇に捧げることを恐れている人のために祈りましょう。彼らがすべてを明け渡すことができるように祈り求めましょう。 ・あなたの教会の牧師や様々なリーダーが神とその働きに無条件に献身することができるように 祈りましょう。 ・私たちが聖書研究や祈りを通して永遠に価値あるものに時間を割くことができるように祈りましょう。私たちの思いではなく、神の御旨がなされ、聖霊が私たちの日々の霊的な体験を脅かす、世俗的な影響や流行から守ってくださるよう祈りましょう。 ・私たちの教会の青年が自我を捧げることを恐れないように祈りましょう。 ・ノン・クリスチャンのすべての人のために祈りましょう。神の民がどのようにその人々を導くことが できるか学べるよう祈りましょう。 ・キリストを中心としたリーダーシップを発揮し、三天使の使命を宣教する、信心深く、心の開かれた、謙遜な教会のリーダーを求め、祈りましょう。キリストの正義がメッセージの中心となるよう祈りましょう。 ・世界中の大都市で大きな影響を持つ拠点を作ることができるよう祈りましょう。このような拠点での 奉仕を通して人々が神の真理に出会い、変えられるようにお祈りしましょう。 ・あなたの祈りのリストに記載されている7名(もしくはそれ以上)の人々が、自身の必要に 気づき、聖霊に対して心を開くことができるように祈りましょう。 ・あなたの個人的な必要のために祈りましょう。   感謝の祈り(約10分) ・御心にかなった時や方法で祈りに応えてくださる神に感謝しましょう。 ・あなたの罪深い心を清め、聖なる者としてくださる神に感謝しましょう。 ・自分自身のためではなく、遣わされた方のために生き、死ぬことさえいとわれなかったキリストを おぼえ、神に感謝しましょう。 ・この10日間の祈りを通して、特別な方法であなたに語り掛けてくださっている神に感謝しましょう。   讃美歌 「恵み深き主のほか」      ( 希望の讃美歌 350番) 「神の国と神の義を」      (きぼうのせいか 40番) 「わが主にすべてを」      (希望の讃美歌 151番) 「より近くわが主の」      (希望の讃美歌 332番)   伝道局のホームページから印刷用原稿がダウンロードできます