セブンスデー・アドベンチスト教会

ラスベガス銃乱射事件に対するテッド・ウィルソン世界総会総理によるメッセージ

ラスベガス銃乱射事件に対するテッド・ウィルソン世界総会総理によるメッセージ

 昨夜(10月1日午後10時、日本時間2日午後2時)、アメリカ・ネバダ州のラスベガスで、非人道的な暴力行為の結果、500人以上が重軽傷を負い、少なくとも59人が亡くなりました。とても悲しいことに、まだ病院には何百人もの犠牲者が残っていて、死の犠牲者がこれから増え続けるのではないかと懸念されています。

 セブンスデー・アドベンチスト教会の総理として、この恐怖の事件を経験されたご家族の皆さまに、心よりお悔やみ申し上げます。そして、この悲惨な状況の中で、私たち世界中のセブンスデー・アドベンチスト教会の家族は、犠牲者の方々、そしてそのご家族のために祈っているということを覚えていてほしいと願っています。

 イエス・キリストはまもなく再臨され、そして、暴力や苦しみ、痛みは終わるということを私たちは信じています。この祝福された希望に根差し、さらに不安定さを増すこの世界において、私たちが神様の祝福の代理者として用いられるよう、神様が私たちに強さと勇気を与えてくださいますように。

テッド N.C. ウィルソン セブンスデー・アドベンチスト世界総会総理

https://www.adventist.org/